離婚とともに請求するもの

kz0010004348l

離婚する際には色々な事柄を決めなければいけません。
子供が居る場合は親権や養育権はどちらが有するのか、養育費はいくらにするのかなど決定しなければなりません。
また、婚姻関係が継続していた間の財産は夫婦共有の財産とみなされるので、折半となります。
更には原因が配偶者の浮気やDVだった場合には慰謝料を請求する事が出来ます。

 

浮気の場合は不貞相手にも請求が可能です。
婚姻期間や子供の有無によって金額は違ってきますが、大体は100万円~300万円位と言われています。
ただし、浮気の前に既に婚姻関係が破綻している場合は慰謝料請求は難しいでしょう。

 

浮気問題もDV問題も証明が必要となります。
浮気の決定的な証拠や配偶者に暴力を振るわれた医師の診断書などです。
特に裁判になった場合には必ず必要となります。
興信所や探偵事務所に依頼する事も必要でしょう。
興信所や探偵事務所などでは無料相談を行っているところもありますので、利用してみましょう。

 

また、法律のプロである弁護士に確認してみるの良いでしょう。
弁護士事務所でも無料相談を行っていますので、利用してみましょう。
ただし、興信所や弁護士などに依頼した場合は依頼料がかかりますので、注意して下さい。

 

 

 

 

 

Filed under: 未分類 — sin 11:13 PM