審判離婚が適当だと認められる場合

 

離婚をする場合、まず最初の選択肢として挙げられるのは協議離婚です。これは夫婦の話し合いによる離婚です。その協議離婚で合意に達しなかった場合は、調停離婚が行われます。これは家庭裁判所に申立を行い、それぞれの言い分を調停委員会がとりまとめて、離婚を決定するものです。では、その調停離婚が成立しなかった場合はどうなるのでしょうか。

 
この場合は、そのまま裁判離婚へと持ち込まれると考えられがちですが、必ずしもそうではありません。といいますのも、その前に審判離婚という選択肢があるからです。これは文字通り、夫婦を離婚させた方がいい場合に、裁判所の審判により、半ば強制的に離婚が決まるものです。では、どのような場合に、審判による離婚が適当であるとされるのでしょうか。

 
たとえば、夫婦が離婚に合意しているが、どちらかが病気などで出頭できないとか、財産分与などでもめている時、子供のために早く離婚したい時などが、その主な条件です。それ以外にも、夫婦のどちらかが失踪してしまった、あるいは気持ちが変わった時や、感情的な反発から離婚に合意できない時なども、審判による離婚が行われます。ただしこの場合、審判が出てから2週間以内に異議申立があれば、その審判は無効となります。

Filed under: 未分類 — sin 11:09 PM