裁判離婚とは

性格の不一致や、価値観の違い、配偶者の不貞行為、その他様々な理由で、離婚を考えた場合、まずは夫婦間で話し合いをする事になります。

 
離婚をする人の多くは、夫婦間で話し合い、実際に離婚をするかどうか、慰謝料や財産分与、子供がいれば養育費などはどうするかという事を話し合い決めていく事になります。
ただ、この際に、どちらか一方が離婚に応じない、もしくは条件面で折り合いがつかない状態が続き、話し合っても結論が出ない状態になる事があります。

 

その場合、家庭裁判所に離婚調停の申立てをし、今度は2人の調停委員を間に挟んだ状態で、夫婦間の話し合いを続け、夫婦間の合意があり調停委員が認めればその時点で話し合い成立となります。
ただ、調停でも結論が出ない場合、その審判を裁判所に委ねる事になります。
調停までは、夫婦間の合意が大切にされてきましたが、離婚裁判になると、離婚理由となる証拠や、様々な事情などを考慮した上で、離婚が妥当かどうか判断をしていく事になります。

 

 

そして、裁判所が離婚が妥当であると認めれば、その時点で裁判離婚となります。
どちらか一方が離婚に反対している状態であっても、離婚という判決が出れば、それに従う事になります。

 

shutterstock_97489289

Filed under: 未分類 — sin 11:12 PM