審判の異議申し立て

離婚調停に代わる離婚審判は、合意の上で成立する調停離婚の最終段階という位置づけにあります。

gf1940270332m
しかし、双方の合意を求める離婚調停と違って、離婚審判は一種の裁判であり、家庭裁判所が夫婦双方の話を聞いたうえで出した結論を一方的に宣言することで離婚が成立されます。
そのため、審判の内容次第では到底合意できないような決定をされてしまうこともあるのです。
ただ審判に不服がある場合は、審判が出された日から2週間以内に異議申立てを行うことで、その審判の効力を失くし、離婚を無効にすることが出来ます。

 
異議を申立てるには、審判を下した家庭裁判所に、署名、押印をした審判に対する異議申立書と審判の謄本を提出するだけです。この際、特に異議を申し立てた理由などは記載する必要はありません。
審判が行われても双方が納得しなければ異議を申立てられてしまう可能性が高いことから、離婚審判は双方の合意の上で成立する調停離婚の最終段階と位置付けられているのです。

 
このような理由から、あまり審判離婚は活用されていませんが、相手に対する感情が合意を妨げているような場合、裁判所が決断を下すのならば納得するというような場合には、当事者に対して公平な判決を下す審判は優れた解決方法だといえます。

Filed under: 未分類 — sin 11:10 PM