どんな場合に裁判できるか

話し合いによって離婚が成立する協議離婚の場合には、離婚届に必要事項を記入して提出するだけで離婚が成立します。
しかし、話し合いがまとまらなかった場合、家裁に申し立てをして調停・審判を行います。それでも離婚成立の協議がまとまらなかった場合、家裁に申し立てをして裁判を起こし、勝利判決を得ることで離婚を成立させることができます。

 

 

協議離婚や調停離婚をする場合、当事者同士間で話し合いがまとまれば離婚の原因は問題視されませんが、法廷離婚をする場合にはそれなりの原因が必要となります。
これは法廷離婚原因と呼ばれ、大きく分けて5つのものがあります。

 

 

1つは不貞行為と呼ばれるもので、相手が浮気をした場合などがそれにあたります。

2つ目は夫婦はお互いに助け合う義務があるにもかかわらず、それを怠った場合です。専業主婦が正当な理由なしに家事をしない場合や、健康な夫が仕事をせずにギャンブルばかりして生活費を使ってしまう場合などが具体例となります。

3つ目は相手が蒸発し、3年以上生死がわからなくなった場合となります。

4つ目は回復する見込みのない精神病におかされてしまった場合が該当します。

5つ目は、上記の4つに該当しないものの、夫婦生活を維持できないほど夫婦関係が破たんしている場合となります。

Filed under: 未分類 — sin 11:12 PM